トレーナーバンク制度

トレーナーを仕事にしませんか?

 

株式会社Pflasterでは現在、【 トレーナーバンク制度 】という制度を用いて、トレーナーの方々に現場を提供するお手伝いをさせていただいております。

『ボランティア』という形でトレーナーをしている方が多い中、フラスタートレーナーチームは全ての現場からお金を戴き、活動をさせていただいています。

 

トレーナーを目指す方々は、このようなことを感じたことはありませんか?

 □ トレーナーの仕事がしたいが、現場が見つからない

 □ 現場はあるが、教えてくれる人がいない

 □ もっと現場経験を増やしたい

 

また、

 □ 中高生の指導に興味がある

 □ 情報交換できる場が欲しい

 □ 繋がりが欲しい

 

など、

1つでも当てはまった方はフラスターのトレーナーバンクに登録して、一緒に働いてみませんか?

経験の有無は問いません。

トレーナーを目指す学生の方でも、既に働いている方でも、大歓迎です!

 

みなさんの”思い”を、フラスター社員は全力でサポートします!

ご興味のある方は こちら からご連絡ください。

 

 

◆主な派遣先

・公立中学高校部活動

・アメリカンフットボールチーム

・マラソン大会救護活動  等


バンク生紹介

Aさん(匿名希望)

《 バンク生になったきっかけ 》

当時は学生で、長期休みを利用して実践で学べる機会を探していました。ある日、見学に行かせていただいた現場で、たまたま社長に出会いました。これがきっかけですが、その日の午後からダンサーの現場に連れて行っていただき、私が希望するダンサーのトレーナーのお話をいただきました。経験も詰める上に、希望の現場だったため、バンク生として活動させていただくようになりました。

 

《 実際に活動して 》

現場では、体調チェックから怪我の対処、手技、姿勢や運動指導までと幅広く、持てる知識や技術などを存分に発揮させることができ、また現場で学び身につけることができます。始めた当初は、技術も無く体調チェックしか出来なかったのですが、私の為に手技練習の時間を作ってくださり、丁寧に教えてくださいました。その結果、今では一人で現場を任せていただけるようになり、責任感を持って活動出来ていることを誇りに思っています。一人の現場だと、プレッシャーや不安を感じることもありますが、対処が難しい時はリアルタイムに対応してくださる社員の方々のおかげで、自信を持って楽しく活動できています。

また、バンク生向けの勉強会も定期的に開かれており、より技術や知識を高めることが出来る環境が整っています。

 

《 将来の夢 》

ダンサーのトレーナーとして、ダンサーもアスリートであり、ダンスもスポーツであるという考えを世間に広めること!

 

《 一言! 》

フラスターは面白い人たちでいっぱいです。バンク生として活動している人も不思議な人ばかりですが、皆それぞれ自分のやりたいこと、夢を持って活動しています。

向上心を持っている人たちの中でなら、きっとあなたもトレーナーとしての夢を諦めずに、高みを求めて活動出来るはずです!

 



名取  早紀(Natori Saki)

《 バンク生になったきっかけ 》

専門学生の時の実習先担当トレーナーさんからの紹介です。

中学校バスケットボール部の現場へ「早速一人でチームに」というお話を頂き、不安もありましたがとにかく自分で現場を持ってみたかったので!

 

《 実際に活動して 》

現場もバンク生勉強会も、学校で学ぶことと違う!+αがたくさんです。人の体って教科書に収まるような物じゃないなと思いました。

 

《 将来の夢 》

考え中…! 

 

《 一言! 》

学びたいと思ったらとことん学べる環境!小さな疑問にも向かい合ってくださる方々です!勉強が楽しくなること間違い無しです。

 



片山 京(Katayama Miyako)

《 バンク生になったきっかけ 》

トレーナーという職業について知りたかったことと、病院内の勤務だけでは学べないスポーツの体の動きを実際に現場で学び、受傷する理由や再発予防の部分まで考慮したリハビリの提供をしたいと感じたからです。

 

《 実際に活動して 》

現場では、今出ている症状に対処する為には沢山の知識と判断力が必要なんだと感じました。コミュニケーションも色々な年代の方と接する機会があるので、とても勉強になります。

また勉強会では、疾患学や手技を深い知識まで楽しく学べるので、とても充実しています。

 

《 将来の夢 》

日本の健康寿命を延ばしたい!

 

《 一言! 》

日々勉強!信頼関係を大切に頑張ります!

 



藁谷 幸太(Waragai Kota

《 バンク生になったきっかけ 》

大学卒業後にすぐフリーランスのトレーナーとして活動を開始しました。活動当初一番困っていたことがふたつあります。

ひとつは『他のトレーナーとの繋がり』が少なかったこと。もうひとつは『新しい学びを気軽に得られる環境』がなかったこと。

新しい技術や知識を得ようとした時に、本やセミナーは参加することは出来ても、実際の現場で経験を積むという機会を作れずにいました。

そんな時に学生の時からお世話になっているフラスターさんのバンク生を知りました。他の仕事をしているにも関わらず、暖かく迎えてくれる環境があるのは、私にとってはとてもありがたいと思いました。

 

《 実際に活動して 》

主にマラソン救護の活動を担当しています。マラソン大会ではストレッチブースサポートをはじめ、大会運営サポート、レース前の準備運動の担当等、普段のトレーナー活動ではなかなか経験することが出来ないことばかり。いかにトレーナーとしての資質が問われるか、考えさせられる現場となっていて、毎回勉強させて頂いています。

また社員さんと同じ研修を受けれるということは、私にとってとてもありがたいこと。各分野の専門家から学べる機会は他ではなかなか無いため、バンク生になってからかなり質の高い勉強が得られるようになりました。

 

《 将来の夢 》

1.海外で仕事をする

2.個人でスタジオを設立し、スポーツ・健康業界に貢献する

3.ランニングで日本・世界を旅する

 

《 一言! 》

フラスターは面白い!

そしてたくさんのリアルな学びを得られる環境があります。

トレーナーとしてよりレベルアップされたい方、ぜひバンク生になることをオススメします^^

 



小川 百合香(Ogawa Yurika

《 バンク生になったきっかけ 》

セミナーで出会ったのがきっかけです。理由は2つあります。

1つ目は、数あるスポーツ現場で各スポーツに沿ったあらゆる事が学べると思ったからです。2つ目は、自分が成長出来る場だと思ったからです。

 

《 実際に活動して 》

学校では学べないことや、現場でしか体験出来ないことが経験できました。聞いたことの無い怪我に出会ったり、触診で筋肉が触れるようになったり、毎日新たな発見ばかりです。

 

《 将来の夢 》

健康指導、栄養、トレーニング、傷害評価など、全てを兼ね備えたアスレティックトレーナーになります!

 

《 一言! 》

皆様を全力でサポートし、笑顔を届けます!

 



佐下橋 章太(Sagehashi Shota)

《 バンク生になったきっかけ 》

風見先生が講師をしている勉強会に参加したことです。そして、これからトレーナーになるために風見先生から様々なことを教わりたいと思い入ろうと決意しました。

 

《 実際に活動して 》

勉強会では、身体の構造の勉強や手技練習を行っています。多くの物が実際に現場で活かされています。

 

《 将来の夢 》

プロ野球のトレーナーになり、選手たちのコンディショニングのサポートをしていきたいと思います。そして、選手たちが全力プレーを行えるようサポートしていきたいです!

 

《 一言! 》

知識や技術、そして一人の人間として日々成長していきます!

 



青木 亜衣(Aoki Ai)

《 バンク生になったきっかけ 》

別の仕事をしながらトレーナー活動ができ、勉強会もある学べる場を探していました。

 

《 実際に活動して 》

現場での経験を積むことができ、常に勉強をして日々成長できる場です。

  

《 将来の夢 》

模索中です。

 

《 一言! 》

楽しく勉強ができます。

教えてくださる方がいることにとても感謝しています。

無駄にしないように頑張ります!